Haircut

c0000211_847839.jpg
髪を切りに行ってきました。
イラストは別にSTAR WARSつながりを狙ったわけではないですが、
今のあたしの気持はこのチューバッカと同じくらい泣きたいので…。

※ 「よしよし、落ち込むなよ。いつもみたいにまたすぐのびるからさ。」
  チューバッカ、年に一度のヘアカット 

シアトルに来てもうすぐ延べ二年半、
じつは一度もヘアサロンに行ったことがなかったんです。
なんだかんだで半年から一年に一度は日本に帰ってるのでその時に済ませます。
それまでだいたいのばしっぱなし。…女として終わってますかね?
が、今回はだいぶ伸びたし前回かけたパーマがへろへろになってたので
こりゃイカンと観念してヘアサロンに行ってきました。

髪に対してすごくこだわりがある方でもないのでどこでも良かったんですが、
髪型をあ~してほしい、こ~してほしいというのを英語で伝えるのは相当難しいし
自分の好きな髪形をすぐにわかってくれる人がいいと思って、
日本人の美容師さんの所にお願いすることにしました。
が、この「日本人なら大丈夫だろ~」という考えが甘かったことはすぐに判明します…。

あたしの髪を切ってくれた美容師さんはその道30年のベテランさんでしたが、
話を聞いていると、どうやらアメリカで美容師の勉強をして免許を取ったらしく
切り方、染め方、洗い方、すべてアメリカンだったんです。DOH!!
何が一番違ったかと言われたら、やっぱり”丁寧さ”ですね。
まぁ切ってもらってる間はそんなに悪くないかな~と思ってたんですが、
家に帰って鏡をよ~~く見てびっくり、うしろ髪がえらいことになってました。
「軽い感じにしたいのでしっかりレイヤーを入れてください」とお願いしたのに、
襟足が重たくて、そのちょっと上の方の髪は段差がハッキリわかるくらいに
2段!(2段ですよ~~!!涙!)の段差が入ってました。DOH!!
一昔前のヤンママの子供の髪型(って言ってもわかりますかねぇ?)みたい。
しかも前髪は横わけにしてくださいって言ったのに、横わけにした先が揃ってない…。

もう本当に泣きたい気持でした。てか実際ちょっと涙でました…。
こんなに髪型失敗するなんてたぶん高校生の時以来。
髪型失敗すると、相当落ち込みますね。
ひさしぶりだったもんでさらに落ち込んでます。
そんな髪型でも仕事に行かないといけないなんて泣きそう。
もう自分でなんとかしようなんて思わずに
諦めて別のサロンに行ってカットし直してもらってきます。
またよけいな出費がかさむ…。はぁ。
[PR]
by azusainto | 2005-05-10 10:04 | Events
<< Haircut Part II X BOX >> ... >>