ドイツ>>フランス旅行記 その12 ~Musee du Louvre #2~

ミロのビーナスを見た後はだいたい順路に従って見て行きました。ときどき「あ、これ見逃した!」と行ったり来たりはしましたが、なにしろルーブルはバカでかいので戻るのも一苦労。とりあえず目当ての作品を見たら、あとは時間の有る限りいかに効率よく歩くかが決め手だとしみじみ思いました。
c0000211_13291722.jpg

あたしがけっこう好きだったのはこれ。
ウージェーヌ ドラクロアの「ナポレオンの載冠」 
ドラクロアの絵はよく世界史の教科書にも出てくるので
知ってるひとも多いのでは。
これが思っていたよりも全然大きくてびっくりしました。
高さ5メートル幅10メートルくらいあるんじゃないかというくらい。
どうやって描いたのか不思議。
もちろんほかにも同じくらい大きい絵画はたくさんありましたが
なんでかこの絵が気に入りました。
ほかにも「キオス島の虐殺」や「民衆を率いる自由の女神」などなど
ドラクロアの作品が満載で大満足。
c0000211_1355742.jpg

あと見てびっくりしたのはコレ。ルイ十五世の載冠式の冠。
宝石が子供のおもちゃみたいに大きくてルーブル以外の場所で見てたら
絶対にせものだと疑ってました。
冠の手前にあるダイアモンドはクルミくらいの大きさ。でかすぎ。
こんなダイアモンドを目の前にして出てくるのはため息ばっかり。

ちなみにコレを見ている間ずっと頭のなかで
”Diamonds are girls' best friends♪”というフレーズがまわってました。笑

そんなこんなであっという間に閉館時間の6時になり、
大満足なのと疲れたのとでよろよろになってルーブルを後にしました。
[PR]
by azusainto | 2005-02-27 14:08 | Events
<< ドイツ>>フランス旅行記 その... ドイツ>>フランス旅行記 その... >>