カテゴリ:Events( 49 )

Seattle Art Museum

c0000211_12554191.jpg
この日はシアトル美術館へ。
入り口にあるでっかいハンマーの男が目印。ハンマーを持つ手がゆっくりと動きます。

入場料は大人7ドルとお得。そう思えば思うほど日本の美術館って高いですよね。
1年パスポートとか買えば安いのだろうけど。

何はともあれともかく中へ。感想は…まぁまぁかな。
ちょっと悔しかったことに2日前までやっていたイサム ノグチの展示を見逃してしまった。
どうせならやってる時に来ればよかった~~。悔しい。
c0000211_139133.jpg

内容がいまいち(まぁ期待はしてませんでしたけど)
だったかわりにラッキーなことが。
入り口付近のホールでジャズのミニコンサートが開かれたんです。

実は小さいころからピアノを習っていたんですけどクラシックオンリーだったんでジャズにはずっと憧れてました。間近で見るジャズピアニストに感動~~~。あれを即興でやってるなんて信じられません!いつかジャズピアノを習ってみたいものです。
c0000211_13211447.jpg

*おまけ*

美術館内で見つけてしまったそっくりさん。

この人だ~れだ?

分かった人はこっそりコメントよろしく。
[PR]
by azusainto | 2005-09-25 13:25 | Events

Bank of America Tower

c0000211_3383774.jpg

シアトルで一番高くて黒いビル、バンクオブアメリカ(アメリカ最大手?銀行)タワーの展望デッキ。シアトル観光と言うと、どうしてもスペースニードルに登りがちですがこっちのが断然お勧めです。スペースニードルよりも全然高さがあり、しかもだいぶ安い!大人一人5ドル。写真はI-5、いわゆるフリーウェイです。写真じゃ片道何車線なのかわからないですね。実際通ってみても分かりませんけど。笑。
c0000211_3551190.jpg

スペースニードルを見下ろせます。
近くにあるシアトルソニックスのホーム、
キーアリーナの屋根(緑)も確認。
c0000211_3554326.jpg

手前がシアトルシーホークス(アメフト)のスクウェアフィールドと
奥がご存知シアトルマリナーズのセーフコフィールド。
ここで後日イチローを観戦します。

この展望デッキにいる間、
「ふはは、人がゴミのようだ (ムスカ:天空の城ラピュタ)」を連発。笑。

基本的に高所恐怖症だけどいつもは見れない景色に感動しました。
[PR]
by azusainto | 2005-09-24 04:00 | Events

ARGOSY CRUISES

c0000211_77290.jpg

ダウンタウン観光2日目は湾岸のウォーターフロントへ。
ウォーターフロントはお土産屋さんやショボイ水族館が立ち並び、
まさに観光地の雰囲気満点な場所なわけです。
お土産屋さんの他にもたくさんのレストランがあり、
夏の天気のいい日にはたくさんの人でテラス席は賑わっています。

そんなウォーターフロントでまず挑戦したのがアルゴシークルーズ。
シアトル街の湾、エリオット湾を1時間かけてぐるっと周ります。
以前母が来た時にも一緒にやってみてコレはなかなかよかったので
今回父と弟にも勧めて船に乗ってみました。
c0000211_7152537.jpg

船から見るシアトルの街はまたキレイ。
この街は夜景もきれいだけど、昼間見ても美しいのが気に入っています。

ちょっと風が冷たいかなと心配でしたが
天気がよかったのでそれも問題ありませんでした。
むしろ風があたって気持いい~~。

ここでもガイドのお兄ちゃんがしゃべっりぱなし。
けど前回とは違い、まだまだ新人さんのようで
舌をかみながらゆっくりしゃべってくれたんで丁度いい案内でした。笑。
観光地のガイドさんはしゃべりがうまくないとダメなんで
大変だな~と改めて思ったりして。
c0000211_7233257.jpg

途中、Sea Lion(トド)にも遭遇。
この写真を撮った後もう一匹登場して
お互いお辞儀をする挨拶?ケンカ?をしてました。

シアトルってめちゃめちゃ港街なはずなんですけど
普段の生活してるとなぜかあんまり感じないんですよ。
潮の匂いがあんまりしないからかな。
けどやっぱりたまにこういうことをすると海を身近に感じたりしますね。
[PR]
by azusainto | 2005-09-21 07:34 | Events

Underground Tour

c0000211_673759.jpg

だんなさんが仕事の平日はあたしが案内役。といっても車がないのでバスで行けるダウンタウン中心の観光となりました。とりあえず行ってきたのがシアトルダウンタウンの中で最も古い区画、パイオニアスクエア。アメリカの中でもわりと新しい街のシアトルですが、ちゃんと古い町並みなんかも楽しめたりします。
c0000211_6113371.jpg
パイオニアスクエア観光の定番、アンダーグランドツアー。
シアトルの街が開発されだしたのは1850年代。
その後1889年に街は大火災に見舞われます。
復興の際にもっとも考えられたのが水圧の問題。
シアトルは港街で傾斜が激しいので水まわりは常に悩みの種だったとか。
姉妹都市の神戸とやっぱり似てますね。

そこで人々が考えたのは現在の一階を地下にしてしまい、
街全体を3m高くするという計画でした。
なんだか計画性があるのかないのか、みたいな話ですが
実際今でもパイオニアスクエアの地下には昔の街並みが残っています。
そしてこの地下世界を見て周るのがアンダーグランドツアー。
c0000211_6193996.jpg

シアトルに来たばかりの時にとりあえず行ってみて
あまりの埃とカビ臭さにまいってしまったあたしはこのツアーは良くないと主張。
が、父の希望により(注: 父は歴史も好き)参加が決定。とほほ。
やっぱりカビ臭くて息苦しかった~。

しかもツアーの最初に案内役がシアトルの歴史について長々と話してくれますが
英語のわからない父と弟はすごく退屈そう。父は居眠りしてたし。
説明してあげる間もないほど案内役はべらべらしゃべってました。
ツアーの最中もずっと彼がいろいろ説明をユーモア満載で話してくれてましたが
ちょっとしゃべりすぎの様子に他の観光客もちょっと引きぎみ…。
終わった時は、あ~やっと開放される~と本当に思いましたよ。

大火災以前の水圧の悪かったころは海が満潮になると、
なんとこの便器から汚水が逆流していたそう。
そのことを知らない観光客は背中を汚すこともしばしば…。
ぎゃ~~想像もしたくない!
ばっちい過去に文字通りフタをしたシアトルの街の歴史でした。
[PR]
by azusainto | 2005-09-20 06:34 | Events

Mt. Rainier

c0000211_13123511.jpg

観光初日はマウントレーニア。今回はこの山にいくつかある氷河のうちの二スカリー氷河がお目当て。
写真はパラダイスのビジターセンターに車で向かう途中にある二スカリーリバー。これ、写真では分かりにくいかもしれませんがスキー場くらい大きいです。その大きさに、雪解け時にはどんな激流になるのかと想像させられましたね。

以前母と一緒に来た時は6月だったにも関わらず、積雪のためトレイルを登ることができずふもとのハイキングコースをぐるっと周っただけだったので、今回はその雪辱を晴らすべく氷河目指して登ってきました。9月はシーズン終盤にあたるのでちょっと雨が心配でしたが、山の上でちょっと天候が悪くなった意外は雨も降らず比較的天気がよかったです。
c0000211_1325559.jpg

ビジターセンターで持ってきたサンドウィッチをお昼に食べていよいよ出発。
(そういえばすっかり忘れてたけど普通にフードコートがありました)


氷河の先っぽが見える簡単コースと
氷河の全体が見えるちょっとキツイコースの二択があり
父はもちろんキツイコースを選択。(注:父は大の山好き) 
といってもトレイルは途中までコンクリートで舗装してあったので
わりと楽に歩くことができましたけどね。
c0000211_13404736.jpg

もう夏も終わりだったのでトレイル途中の草原に花はありませんでしたが
それでもハイジがひょっこり出て来そうな風景にワクワクしました。

途中で野生の鹿なんかに遭遇したりしましたし。
c0000211_1343513.jpg

これぞっ!お目当ての二スカリー氷河!
あいにく霧が出て氷河の全体を眺めることはできませんでしたが
雪とは違って少し青みがかっているのが肉眼で確認できました。

たまには山登りもいいもんだな~なんて思ったりして。

帰りはだんなさんが運転する車のなかで3人ともウトウト。
助手席でいねむりしてごめんよ~。
[PR]
by azusainto | 2005-09-16 13:52 | Events

シアトル観光

只今うちの家族がシアトルに遊びに来て観光中につき、ちょっと忙しいです。
また時間ができたらシアトル観光の様子をお届けしますね。

とりあえず自分が最初にシアトルに来た時に観光。
母が遊びに来た時に観光。
妹が遊びに来た時に観光。
そして今回父と弟と一緒に観光。

…がんばりま~す。
[PR]
by azusainto | 2005-09-06 01:09 | Events

Blue Angels

最近ちょっと忙しくて更新を怠けてました。バンカイがんばります。
c0000211_8385136.jpg
先週末、シアトルの街にNavyの精鋭Blue Angelsが訪れて
アクロバットで華麗な飛行を見せてくれました。
会場となった場所まで行ったわけではないんですが
うちの家からでも一応楽しむことができました。

しかしさすが海軍のエリート集団、いや~ぶつかるっ、
という寸前のところで見事な技を披露。
コレ見て小さな男の子たちはNavyに憧れるんだろうなぁ。
実際このBlue Angelsのショーが行われると
ぐ~~んと入軍希望者が増えるそうです。
これまた相当お金のかかった勧誘ですな。
[PR]
by azusainto | 2005-08-09 08:50 | Events

Street Festival

c0000211_742183.jpg

7月15日~17日の間うちの近所でストリートフェスティバルというお祭りが開催されてます。その商店街では毎年恒例で行われていて今年はいつもよりさらに盛大のようです。去年よりも1ブロック先まで店がでてました。ストリートフェスティバルではその界隈にあるお店が露天を出してセールをやったり、日本のテキヤみたいな人たちが色んな物を売っていたりします。テキヤというよりは個人で物を作って趣味が商売に転じたみたいな印象を受けますけども。

ある一箇所に食べ物屋さんが集中していて、さながらフードコートの様。あたしはトルコ料理のdöner(ドュヌ?)というパニーニみたいなサンドウィッチみたいなものをマンゴーレモネードを一緒に食べました。他にもギリシア、イタリア、タイ、インド、フィリピン、ケニアなどなど色んな国の料理が楽しめるようです。意外とアメリカ~!ってかんじのBBQやホットドックは端っこの方でひっそりしてました。

しかし一軒一軒お店を見て回るにも日が照ってじりじり暑くて、10分とひなたにはいれませんでしたよ。写真はちょうど曇った時に撮ったみたいで天気のよさぶりが伝わりませんが…。日焼け止めも一応塗って出かけたけど、たった小一時間外で日に当たってただけで大分焼けちゃいました。白人の人たちなんかみんな真っ赤に日焼けてましたもん。それでも気にしないところがアメリカン。あたしは元々色黒で一度日に焼けるとなかなか戻らないんですよ~。そんなわけで一応気をつけてるつもりですけど、気をつけ方が中途半端なんでやっぱりダメ。アメリカではみんな日焼けしてるからまぁいっかみたいなかんじで。日本ではみんな色白ですよね。そういえばシアトルで日傘さしてる人なんて見たことないな。

日焼けを気にしつつも今日もこれからまたちょっとぶらついてみま~す。笑。
[PR]
by azusainto | 2005-07-18 07:50 | Events

セブンイレブン いい気分♪

7月11日はあたしの誕生日だったんです。
今年でいよいよ2●才…。
そろそろ「若奥さん」から「奥さん」にするべきかも。
c0000211_15131673.jpg

当日はだんなさんと二人で夕食を食べに出掛けてきました。
オープンしてからずっと気になっていた「Ovio Bistro」の新店舗へ。
あれはフランス風創作料理とでも言うのでしょうか。
全体的にモダンな雰囲気の店内でした。

メニューに「Sashimi Plate」があったのにびっくり。
思わず注文してしまいましたよ。
さすがに日本風の刺身ではなかったですがおいしかった。
他にも「Kobe Beef Steak」なんかもあって、
なんだかちょっと日本かぶれっぽいかんじ満載でしたね。
(ちなみにさすがに神戸牛を輸入してるのではなく
"Kobe Beef"という名の牛をアメリカで育ててるそうです。おいしかったけど)

アメリカではどうやら日本ものはオシャレなイメージがあるらしく
このレストランでもメニューに日本名が付いてるものがたくさんありました。
「Maguro」や「Hamachi」なんかはアメリカ人にも普通に通じるし。
シアトルは日系の移民も多い街だしよけいにそんなかんじです。

なにはともあれ、おいしい食事とデザートに大満足でした。
5月はだんなさんの誕生日、6月は結婚記念日、7月はあたしの誕生日と
初夏はイベントが続くので楽しいですね~。

おまけ: 日本に留学していたことのあるアメリカ人の女の子に
      あたしの誕生日の日付を教えると
      「セブンイレブン♪ いい気分♪」と歌ってくれました。笑。
[PR]
by azusainto | 2005-07-14 15:55 | Events

Gunfight ~白昼の銃撃戦?~

c0000211_13141226.jpg
家でのんびりしていた昼下がり、外ではカーアラームがプープー。
うるさいなぁ早く切れてくれないかなぁと思っていたところ誰かの叫び声が、
「……!!」 「……!……!!」

始めは何を言ってるのかわからなかったのがだんだんはっきり大きな声で
「Get out of the car!!(車から降りてこい)」 と言っているのが判明。
なんだなんだ、カーアラームのうるささにキレた通行人が
ケンカでも売ってるのかと思って窓をのぞいてみると…、
なんとうちのアパートのすぐ横で警察官が銃を構えてるではないですかっ!

銃を突きつけられてるのは車に乗った若い男性。
まさかうちの部屋から数メートルの所で銃を構えた警官を見ようとは
映画のワンシーンを見ているようでなぜかあたしがドキドキと緊張!
目の前で銃撃戦が始まって流れ弾に当たったらどうしよう
なんてよけいな心配をしながら見てたんですが、
幸い彼は大人しく捕まったようで発砲はされませんでした。
まぁ実際うちは4階なんで流れ弾なんて相当飛んで来そうにありませんが。笑。

うるさかったカーアラームはどうやらパトカーの仕掛けらしく、
警官がパトカーのドアを閉めたとたん音も止みました。
日本もそうだと思いますがパトカーの性能って未知数なところがありますね。
まだまだすごい機能が隠されてそう。
写真はシアトルのパトカーのモデル。これがいつもすごい音させて走ってます。

シアトルはわりと治安のいい街だしあたしの住んでいる所なんて
夜でも歩いて飲みに出かけられるくらいだと思っていたんですが、
やはりここはアメリカ。油断は禁物だと改めて思いました。
そういえばずいぶん前にも酔っ払いが建物のガラスを割ったのを目撃して
911(日本の110)にだんなさんが電話したことがあるんでるが
その時の警察の対応の早かったこと!すごかったんですよ。
電話している1分くらいの間に2,3台のパトカーが到着してびっくりしました。
対応が早い→常に巡回・待機している→それだけ犯罪が起きているってことですよね。

日本では一度も見たことのなかった逮捕劇やカーチェイスを
アメリカに来てからはすでに何度も見かけています。
夕暮れ時にホームレスからお金をせびられると
やっぱりちょっと怖くなってお金をあげてしまいます。
ちなみに今まで取られた(あげた?)最高額は一度に15ドル。
この時はほんとに夜だったんで15ドルのために刺されるのもイヤだと思ってあげました。
ちょうど現金を持っていて本当によかったと今になって、ひや~~。

自分ではどうしようもなく犯罪に巻き込まれてしまうこともあると思いますが
常に犯罪の起きそうな場面からは遠ざかるようにさらに気をつけたいです。
日本でもアメリカでも、自分の身は自分で守らねば!ですね。
[PR]
by azusainto | 2005-07-03 13:55 | Events