カテゴリ:Events( 49 )

ドイツ>>フランス旅行記 その12 ~Musee du Louvre #2~

ミロのビーナスを見た後はだいたい順路に従って見て行きました。ときどき「あ、これ見逃した!」と行ったり来たりはしましたが、なにしろルーブルはバカでかいので戻るのも一苦労。とりあえず目当ての作品を見たら、あとは時間の有る限りいかに効率よく歩くかが決め手だとしみじみ思いました。
c0000211_13291722.jpg

あたしがけっこう好きだったのはこれ。
ウージェーヌ ドラクロアの「ナポレオンの載冠」 
ドラクロアの絵はよく世界史の教科書にも出てくるので
知ってるひとも多いのでは。
これが思っていたよりも全然大きくてびっくりしました。
高さ5メートル幅10メートルくらいあるんじゃないかというくらい。
どうやって描いたのか不思議。
もちろんほかにも同じくらい大きい絵画はたくさんありましたが
なんでかこの絵が気に入りました。
ほかにも「キオス島の虐殺」や「民衆を率いる自由の女神」などなど
ドラクロアの作品が満載で大満足。
c0000211_1355742.jpg

あと見てびっくりしたのはコレ。ルイ十五世の載冠式の冠。
宝石が子供のおもちゃみたいに大きくてルーブル以外の場所で見てたら
絶対にせものだと疑ってました。
冠の手前にあるダイアモンドはクルミくらいの大きさ。でかすぎ。
こんなダイアモンドを目の前にして出てくるのはため息ばっかり。

ちなみにコレを見ている間ずっと頭のなかで
”Diamonds are girls' best friends♪”というフレーズがまわってました。笑

そんなこんなであっという間に閉館時間の6時になり、
大満足なのと疲れたのとでよろよろになってルーブルを後にしました。
[PR]
by azusainto | 2005-02-27 14:08 | Events

ドイツ>>フランス旅行記 その11 ~Musee du Louvre~

どもども、ごぶさたしてます。パソコンの調子が悪かったのでず~~っと更新できないままになってました。そのパソコンはどうなったかというと...どうしても初期化をしたくなかったあまりいろんなことを試みてみましたが、けっきょく最終的にはインターネットに接続できない状態になってしまいました。よくわかんないのにいじったりするんじゃなかった...はぁ。今はようやく無駄なあがきは諦めて、だんなさんのパソコンから更新してます。まぁ一家に一台あればまだいいか...。とほほ。

そんなパソコン不調はおいといて、いいかげん旅行記を終わらせないとな、ということで一気にやっちゃいます。
パリス二日目はいよいよルーブル美術館。半日かけてゆっくり見てまわりました。美術や歴史の教科書に出てくるような美術品が手を伸ばせば届くところになるなんて感激!もちろんさわったりはしてませんけど。
c0000211_1257845.jpg
一番最初に向かっていったのは「サモトラケのニケ」 

さすがに目玉作品の一つというだけあって
絶対にさわったりできないようかなり高い場所に展示してありました。

ほかの彫刻作品と別格扱いされるのは
製作された年代がめちゃめちゃ古いからだそう。

あたしとしては近代に作られた彫刻もすごく素敵だと思いますけど。
芸術の道は奥が深いです。



おつぎは「ミロのヴィーナス」
実はこれを見る前に「モナリザ」を見に行ってきましたが、さすがにルーブル美術館の一番の目玉とあって、警備も厳重、人だかりもすごかったです。セキュリティーの人がやたら「No photo! No photo please!!」と叫んでいたのが印象的。そんなわけで写真は撮れませんでした。あまりにも混雑していたのでモナリザを見れたのはほんの数秒間。意外に小さいなと思ったくらいで残念ながらあんまり感動しませんでした。
大混雑のモナリザと比べてミロのビーナスは人もまばら。写真を撮りたい人が入れ替わるくらいで、こっちはゆっくりと見ることができました。そこで初めて知った事実。ミロのビーナスは半分おケツがでてる!こちらはその証拠写真。
c0000211_139179.jpgc0000211_13195713.jpg
[PR]
by azusainto | 2005-02-27 13:25 | Events

ドイツ>>フランス旅行記 その10 ~Basilique du Sacre-Ceur~

c0000211_456048.jpg

暗くなってから向かったのはサクレ・クール教会。
小高い丘の上に建っていて到達するにはなが~い階段を上る必要があります。
が、階段の横にはしっかりリフトが。もちろんリフトを使用。笑。
教会まで登り着くとそこからはパリの夜景が一望できました。
方角的にエッフェル塔は樹木に隠れてよく見えなかったけども。

この日の朝にパリに到着して一日中観光。
サクレ・クール教会を後にする頃にはもうクタクタ。
夕食を食べるためにレストランを探して一休み。
フランスの家庭料理を楽しみました。
あたしはなんでかチーズフォンデュを食べたけど。
[PR]
by azusainto | 2005-01-18 05:25 | Events

ドイツ>>フランス旅行記 その9 ~L'obelisque~

最近なんかインターネットの調子が悪くて更新できてませんでした。めちゃめちゃ遅くなってた。WindowsのAntiSpywareもダウンロードしてウイルス検索したのにうまいことウイルス退治してくれません。Comcastの回線が混んでるのかとも思ったけど、だんなさんのパソコンは問題ないのでやっぱあたしのノートパソコンが悪いんかも…。地味にウイルス退治していきます。

c0000211_4131496.jpg
旅行記にもどります。

オルセー美術館から歩いて向かったのはこのオベレスク。
これはナポレオンがエジプトからお土産にもらってきた物らしい。
ナポレオンがエジプトの王様にあげた時計と交換だったんやって。
すごい高倍率の物々交換ですな。
しかもほんとは二対になってるオベレスクだから片方なくなるとこまるのに
ナポレオンがこれじゃなきゃイヤだって言い張ってもらってきた…らしい。
ナポレオンの偉業とわがままぶりが伝わりました。


c0000211_4195548.jpg

オベレスクのあるコンコード広場から凱旋門の方を見ると…
シャンゼリゼ通り!!! "Avenue des Champs Elysees"
この写真を撮るために交差点の真ん中に立って
車にはさまれながらがんばりました。
ちょっとピンボケしてるのはあせってたため。
テレビとか映画で見たとおり、両側の街路樹が
きれいにライトアップされててめちゃめちゃきれいでした。
交通量が多すぎてロマンティックなのとはちょっと違ったけども。
凱旋門のライトアップが故障中なのか半分消えてたのがちょっと残念。
けどこの場にいれただけでも感動、感動。
[PR]
by azusainto | 2005-01-18 04:43 | Events

ドイツ>>フランス旅行記 その8 ~Musee d Orsay~

ノートルダム大聖堂の後、コンシェルジュリー牢獄跡にも行ってみました。ここはかのマリーアントワネットが処刑されるまで監禁されていた所だそうな。ベルばらファンとしてはちょっとワクワク。彼女が監禁されていた部屋も見ることができましたが、意外にせまくて汚い部屋でした。贅沢を極めたマリーアントワネットも最後は零落の身。人間、加減が大切ですね。

c0000211_12321327.jpg

シテ島からバスと地下鉄を乗り継いでオルセー美術館へ。
ここはもともと鉄道駅だったのを改装して美術館にしたらしくて
駅らしい、吹き抜けの建物でした。
そして、美術の教科書で見たことのある絵がたくさん。
とくにモネの絵が見れたのは感激。
そのほかにもゴッホ、マネ、ゴーギャンと壮々たる面々。
絵画のほかにも彫刻、写真、工芸品、グラフィックアートなどなど
いろんな種類の芸術が楽しめました。
しかし美術館めぐりは意外に体力がいることが判明。
けっこう疲れた。
[PR]
by azusainto | 2005-01-12 14:31 | Events

ドイツ>>フランス旅行記 その7 ~Notre-Dame~

つぎに向かったのは有名なノートルダム大聖堂。入り口に日本語で「ようこそ」のつもりが「よこそう」になってたのがちょっと笑けました。ノートルダムでそれはあかんやろ~。

中は思っていた以上に天井が高くて、壮観。観光客が見て回っている間にもミサが行われていて、ますます豪壮というか厳粛な雰囲気。何メートルあるかわからないくらい大きいパイプオルガンの音色には鳥肌が立ちました。

写真は裏側から見たノートルダムと内部。

c0000211_11361596.jpg
c0000211_1137050.jpg

[PR]
by azusainto | 2005-01-12 11:45 | Events

ドイツ>>フランス旅行記 その6 ~Ste-Chapelle~

ルーブル美術館は見てまわるのに相当時間がかかるとのことで、次の日にゆっくりまわることになりました。全部の作品を見るには一日じゃ足りないらしい。目の前のルーブル美術館をこの時は素通り。ううう、今すぐいきたい~~。

とりあえずホテルから歩いて行けるシテ島内の観光をすることに。
だんなさんのお父さんのガイドにまかせっきりで
「なんだここは?」ってかんじでついて行くとサント・シャペルに到着。
中はすばらしいステンドグラス!!
c0000211_10481976.jpg

精巧で美しいステンドグラスを見ていると幻想的な気持になりました。
c0000211_1049586.jpg
c0000211_10504795.jpg

[PR]
by azusainto | 2005-01-12 11:05 | Events

ドイツ>>フランス旅行記 その5 ~Paris!!!~

c0000211_3454093.jpg

フランクフルトから夜行電車に揺られること8時間
いよいよやってきました、パリス!!
駅のスタンドでさっそくエスプレッソとクロワッサンをいただきました。
あああ~~、あたしは今パリにいるのね…。感激。

街並みも古い建物ばっかり。
装飾の付いてない建物はひとつもないくらいでした。感激 感激。

ホテルに荷物を置いて一休み。再び出かけて目にしたのは……
c0000211_442413.jpg
        ル、ルーブル美術館!!!!!
[PR]
by azusainto | 2005-01-11 04:18 | Events

ドイツ旅行記 その4 ~Heidelberg~

c0000211_1633354.jpg

今度はフランクフルトから車で30分くらいのところにあるハイデルブルグへ。
ここはドイツ最古級の大学都市です。
この町の丘の上には、なんども戦火に巻き込まれてボロボロのハイデルベルグ城があります。
この城をあえて修復せずにそのままの状態で保存しているのは、侵略の歴史を忘れないようにするためらしいです
このお城をみて、あたしはなぜか広島の原爆ドームを思い出しました。

お城から眺める町の様子は、これぞドイツってかんじ。
どの家も赤い屋根で、見える範囲に2つくらい教会の聖堂がありました。
古い町ってやっぱり素敵です。
c0000211_16543944.jpg
c0000211_16524364.jpg

[PR]
by azusainto | 2005-01-04 17:05 | Events

ドイツ旅行記 その3 ~Benz~

c0000211_1714193.jpg

最初見たときはんんっ?っと目を疑いました。

ベンツのトラック…。

さすがドイツ。街中でもやたらベンツを見かけました。
庶民のあたしはそのたびに反応してしまい、
「ドイツでは国産車だからいっぱいあるのはあたりまえでしょ」
と、だんなさんにいわれるしまつ。
タクシーもほとんどベンツでした。
家から駅まで乗ったタクシーが、あたしのベンツ初体験になりましたとさ。
[PR]
by azusainto | 2005-01-03 17:21 | Events