<   2005年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドイツ旅行記 その15 ~So long Germany!~

c0000211_16493662.jpg
10日間の旅行もあっという間に終わり、いよいよシアトルに戻ることに。
今回の旅では本当にだんなさんのご両親と弟くんたちにお世話になりました。
こんなに楽しい思い出ができたのもお父さんとお母さんのおかげ。

いつかドイツに住んでみるのもいいかもと密かに考えてます。
冬は寒すぎるのが考えものですが...。
ドイツは意外に物価が安い事にびっくりしました。
ビール大好きなだんなさんにとっては天国かも。

こんどヨーロッパに来る時はイタリアとスペインにも行きたいな。
ずいぶん長いことかかってしまいましたが、これにて旅行記終了です。
おそまつさまでした。
[PR]
by azusainto | 2005-02-27 16:58 | Events

ドイツ旅行記 その14 ~Henckels~

c0000211_1634148.jpg
パリからフランクフルトに戻って、ドイツにいれるのもあと二日。
その間はとくに観光するでもなく、ダウンタウンで買い物したり、
スーパーマーケットに行ってみたりしました。
ダウンタウンでの目当てはHenckelsのナイフセット。
シアトルにいる時からいつかほしいな~と思ってたので、
ヘンケルの本場、ドイツで買っちゃうことにしました。
8インチのナイフと他3本のナイフ、ハサミとナイフ研ぎ棒
(正式名なんていうのか知りません...汗)
のセットが160ユーロとお買い得価格。
普通のナイフよりはちょっと割高だけど、
これから長く使えることを考えたら逆にお得かな。
とにかく念願のヘンケルをゲット!!
[PR]
by azusainto | 2005-02-27 16:42 | Events

ドイツ>>フランス旅行記 その13 ~Tour Eiffel~

c0000211_1413093.jpg
パリス観光の締めくくりに訪れたのはエッフェル塔。
ルーブル美術館を半日かけて見てまわった後に行ったので
だんなさんのお父さん以外みんなよれよれになってました。
塔の上までいくエレベーターの前はすごい行列で、
一人元気なお父さんは階段を歩いて登ろうと提案してきましたが
さいわい階段は使用禁止になっていたので登らずにすみました。ふぅ。

寝台列車で行って3泊2日のなかなか強行突破な旅でしたが
パリの空気を吸えただけでも大満足!!
連れて来てくれたお父さんにも大感謝!!

いつかまた絶対くるぞ~と心に決めて
寝台列車の狭いベットで眠りにつきました。
[PR]
by azusainto | 2005-02-27 14:26 | Events

ドイツ>>フランス旅行記 その12 ~Musee du Louvre #2~

ミロのビーナスを見た後はだいたい順路に従って見て行きました。ときどき「あ、これ見逃した!」と行ったり来たりはしましたが、なにしろルーブルはバカでかいので戻るのも一苦労。とりあえず目当ての作品を見たら、あとは時間の有る限りいかに効率よく歩くかが決め手だとしみじみ思いました。
c0000211_13291722.jpg

あたしがけっこう好きだったのはこれ。
ウージェーヌ ドラクロアの「ナポレオンの載冠」 
ドラクロアの絵はよく世界史の教科書にも出てくるので
知ってるひとも多いのでは。
これが思っていたよりも全然大きくてびっくりしました。
高さ5メートル幅10メートルくらいあるんじゃないかというくらい。
どうやって描いたのか不思議。
もちろんほかにも同じくらい大きい絵画はたくさんありましたが
なんでかこの絵が気に入りました。
ほかにも「キオス島の虐殺」や「民衆を率いる自由の女神」などなど
ドラクロアの作品が満載で大満足。
c0000211_1355742.jpg

あと見てびっくりしたのはコレ。ルイ十五世の載冠式の冠。
宝石が子供のおもちゃみたいに大きくてルーブル以外の場所で見てたら
絶対にせものだと疑ってました。
冠の手前にあるダイアモンドはクルミくらいの大きさ。でかすぎ。
こんなダイアモンドを目の前にして出てくるのはため息ばっかり。

ちなみにコレを見ている間ずっと頭のなかで
”Diamonds are girls' best friends♪”というフレーズがまわってました。笑

そんなこんなであっという間に閉館時間の6時になり、
大満足なのと疲れたのとでよろよろになってルーブルを後にしました。
[PR]
by azusainto | 2005-02-27 14:08 | Events

ドイツ>>フランス旅行記 その11 ~Musee du Louvre~

どもども、ごぶさたしてます。パソコンの調子が悪かったのでず~~っと更新できないままになってました。そのパソコンはどうなったかというと...どうしても初期化をしたくなかったあまりいろんなことを試みてみましたが、けっきょく最終的にはインターネットに接続できない状態になってしまいました。よくわかんないのにいじったりするんじゃなかった...はぁ。今はようやく無駄なあがきは諦めて、だんなさんのパソコンから更新してます。まぁ一家に一台あればまだいいか...。とほほ。

そんなパソコン不調はおいといて、いいかげん旅行記を終わらせないとな、ということで一気にやっちゃいます。
パリス二日目はいよいよルーブル美術館。半日かけてゆっくり見てまわりました。美術や歴史の教科書に出てくるような美術品が手を伸ばせば届くところになるなんて感激!もちろんさわったりはしてませんけど。
c0000211_1257845.jpg
一番最初に向かっていったのは「サモトラケのニケ」 

さすがに目玉作品の一つというだけあって
絶対にさわったりできないようかなり高い場所に展示してありました。

ほかの彫刻作品と別格扱いされるのは
製作された年代がめちゃめちゃ古いからだそう。

あたしとしては近代に作られた彫刻もすごく素敵だと思いますけど。
芸術の道は奥が深いです。



おつぎは「ミロのヴィーナス」
実はこれを見る前に「モナリザ」を見に行ってきましたが、さすがにルーブル美術館の一番の目玉とあって、警備も厳重、人だかりもすごかったです。セキュリティーの人がやたら「No photo! No photo please!!」と叫んでいたのが印象的。そんなわけで写真は撮れませんでした。あまりにも混雑していたのでモナリザを見れたのはほんの数秒間。意外に小さいなと思ったくらいで残念ながらあんまり感動しませんでした。
大混雑のモナリザと比べてミロのビーナスは人もまばら。写真を撮りたい人が入れ替わるくらいで、こっちはゆっくりと見ることができました。そこで初めて知った事実。ミロのビーナスは半分おケツがでてる!こちらはその証拠写真。
c0000211_139179.jpgc0000211_13195713.jpg
[PR]
by azusainto | 2005-02-27 13:25 | Events