<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

The Harvest Vine

The Harvest Vineというスペインレストラン。

なかなか評判のいいレストランらしく、しかも
最近友達になった人がそこのキッチンで働いてると聞いて
さっそく行ってきましたとも。
c0000211_1525660.jpg

店内は狭いけどキレイでさっぱりしてセンスがよろしい。
カウンター席に座ったんですが目の前にグリルやコンロがあって
どんなかんじで料理してもらえるのか見えて楽しかったです。

スペイン料理というとパエリヤしか思いつかないくらい
よくわかってませんでしたが、意外なことにその店には
パエリヤはおいてなかったんです。ちょっと食べたかったけど…。
だんなさんと二人で食べたのは鹿肉のステーキとあんこうのソテー。
友達がホタテの貝柱(写真)なんて出してくれました。さんくす~。
味付けもそんなに濃くなくて食べやすくておいしゅうございました。

デザートにクレープとカフェボンボンなるコーヒーを飲んでしめくくり。
全体的にどのへんがスパニッシュなのかよくわかりませんでしたが
どのお皿もおいしくて大満足。リピーターになる可能性大。
シアトル近郊にお住まいの方にはぜひおすすめしま~す。

ちなみに今回の写真はお店のサイトから使わせてもらいました。
あたしにはこんな上手な写真撮れませ~ん。涙。
[PR]
by azusainto | 2005-08-28 15:22 | Restaurants

SMARTIES & CANDY MONEY

c0000211_921281.jpg
Ce De Candy, Inc のSMARTIES。
(作ってる会社の名前なんて今日初めて知った)
これはたぶん、アメリカに来てから
通算で一番多く食べてるお菓子な気がします。
何てことない普通のラムネなんですが
食べだすとこれがまた止まらないんですよ。

「3lb」は3パウンド、つまり約1.5キロ入りのお得パック。
さすがにそれを買ってしまうと終わりな気がするので
自重して1パウンドのパックを購入してます。
それでも450グラムありますからねぇ、太るわけ。
c0000211_8393570.jpg
うちの家にはこのSMARTIESか
もう一つのお気に入りCANDY MONEYが常にあります。
同じラムネですがこっちはSMARTIESに比べて大きめでややかため。
表面に「$10」とか「¢5」とか金額が表示してあります。
…だからCANDY MONEY。ひねりもへったくりもなし。
これも同じく食べだすと止まりません。


c0000211_8585085.jpg
実はうちには「The Fatso Jar」(デブの瓶)なるものがあり
キャンディー系の物はすべて一旦そこに収まります。
コレを開ける時には常に「太るよ~、止めとけ~」という
意識が働くような気がしてやってますが効果はいまいち。
コレがうちの家にやってきて早2年、一度もカラになったことはないという…。

追記: …つまり常に買い足されてます。笑。
[PR]
by azusainto | 2005-08-25 09:12 | Sweets

Cake! Cake! Cake!

c0000211_10261952.jpg
アメリカで初めて出会った「本物のケーキ」。
日本人経営のHirokiというケーキ屋さん。
一応アメリカ人がターゲットらしいですが
日本のケーキのように小ぶりで繊細。
甘さも控えめで日本人の好みにもバッチリ。
ここのグリーンティーティラミス(写真右)を食べてから
すっかりお気に入りでちょくちょくおじゃましてます。
…ダイエット中のはずですが。笑。

オーナーさんにいろいろお話を伺ったところ、
アメリカでもきちんと菓子作りを勉強すれば
フランスや日本でのような繊細なお菓子が作れるようです。
が、残念なことにその繊細なお菓子はアメリカでは売れないらしいんですよ。
アメリカではどうしても大きくてやたら甘いだけのケーキが一般的。
甘さ控えめで小ぶりなお菓子では満足できないようです。
健康食ブームに便乗して甘さ控えめのお菓子も広まってくれないかな。

自分で撮った写真のヘタぶりにまたへこみますなぁ、この写真。
クローズアップの写真を撮るといつもぼやけてしまいます。
どなたかキレイな写真の撮り方教えていただけませんか?
[PR]
by azusainto | 2005-08-17 10:20 | Sweets

Blue Angels

最近ちょっと忙しくて更新を怠けてました。バンカイがんばります。
c0000211_8385136.jpg
先週末、シアトルの街にNavyの精鋭Blue Angelsが訪れて
アクロバットで華麗な飛行を見せてくれました。
会場となった場所まで行ったわけではないんですが
うちの家からでも一応楽しむことができました。

しかしさすが海軍のエリート集団、いや~ぶつかるっ、
という寸前のところで見事な技を披露。
コレ見て小さな男の子たちはNavyに憧れるんだろうなぁ。
実際このBlue Angelsのショーが行われると
ぐ~~んと入軍希望者が増えるそうです。
これまた相当お金のかかった勧誘ですな。
[PR]
by azusainto | 2005-08-09 08:50 | Events